計画

12月のまとめ 受講開始から11か月・化学の復習を追加

12月のまとめ

◆学習内容

●自力翻訳
Yシリーズの演習1で、接着剤関係の特許を自力翻訳。
実ジョブが出来る程度のスピードの、1日2000ワードを目標に行ってみる。
(11月からとりかかり、内容理解はほぼ終えていた。)
Tradosを使い、時間を計って翻訳してみる。翻訳自体ではなく調べものに時間がかかりすぎることが判明。

●トライアルレビューシリーズ視聴
トライアルレビューBを完了。
一文ずつ丹念に訳す。

●整理整頓・まとめ・トライアル応募先選定~スカイプ相談
12月下旬になってだが、講座受講開始から1月トライアルを受けるには何が不足しているかを整理し、応募先を選定し、そのうえでスカイプ相談をした。
結果、「化学の復習」が不足しており、「明細書読み」とあわせ、これらを重点的に行うことにし、それ以降は下記のように勉強した。

●明細書読み
まとめ方やノートの使い方等について、今までの読み方を改善したうえで読むようにした。
12/26~12/30で、化粧品関係を3件読んだ。

●化学の復習
「岡野の化学」テキストで復習。
今までは、化学について分からないことがあるたび調べていたが、明細書を早く読むためには、ここで化学を総復習したほうが良い。
有機化学のテキストの初めから、理解していない部分をノートにまとめ直し、やり直す。
12/27~開始。異性体についてノートをまとめなおした。

【学習時間:200.5h/月→累計1,793h】
【ビデオ視聴:31本/月→累計803本】

◆予定に対しての達成度
学習時間は目標200hだったが、ほぼその通り。
学習内容は、明細書の通読が不足していたが、下旬で気持ちを入れ替えてとりかかった。

 

1月の予定

・明細書読み
15件。

・岡野の化学復習
1月は有機化学を一通りやる。ただし先を急がないこと。

・トライアルレビュー視聴と自力翻訳
交互に行う。

・トライアル受験
2~3件受験を予定。

1月は明細書読みと化学復習に重点を置く。

【学習時間(目標)170h/月→累計1,963h】

その後の予定(来年2月~)

2月3月も明細書読みと化学復習に重点を置く。
この期間もトライアルを少しずつ受けるが、まだ継続して実ジョブをこなす実力があるとは思えないので、この期間のトライアルは自分の現状を把握するためのものととらえ、うまく実ジョブを頂けたとしても、成長に繋がらないようであれば継続しない。

受講を開始する際、家族には「勉強1年間位したあとには仕事をする予定だ」宣言していたこともあり、全く実ジョブを得られずに来年春までというのは避けたい、というのもあり、やはりこの時期にトライアルは受ける。

そのうえで4月には上位合格を目指してトライアルを受け、確実な稼働に繋げる。

ABOUT ME
chamaedorea
2019年2月より、レバレッジ特許翻訳講座を受講中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です