学習記録

1/6(月)~1/12(日) 化学のノートまとめなおし

学習時間
1/6(月)~1/12(日)
(月:8.5h、火:9h、水:9.5h、木:8.5h、金:10h、土:8.5h、日:6h)
49週目:60h/累計:1,853h

内容
・明細書読み 化粧品関係 5件
・岡野化学復習 有機化学
(炭化水素の分類/命名法/「基」の概念/炭化水素基(鎖式)について
アルケン、アルキンの反応/アセチレンからの生成物/元素分析/芳香族化合物)

・トライアルレビューC2~8(完)

ノートの作り方
今回化学の復習で、ノートを作り直しています。
また、ノートの利用方法について、最近では下記の2種類に分けて考えています。

ノート①「書きながら考えを整理するためのノート」

ノート②「考えを整理した結果をまとめて、後から見返すためのノート」


学習するにつれノートも増え、①と②が混ざってしまい、せっかくまとめてもどこに書いたか分からなくなっていました。
また、せっかく「まとめた部分」が沢山あっても、それらのつながりが不明確でした。

今回、化学復習で作っているのはノート②です。下記のような手順で作成しています。

まとめノート作成手順
1.まず、どうまとめようか考える。
2.テキスト(岡野・マクマリーなど)に目を通して、ネットでも情報をとる。
3.裏紙などを使って、ざっくりまとめてみる。マインドマップも利用。
4.A4ノートに整理した内容を記入。
5.孔をあけて多孔バインダーに閉じる。
6.項目ごとにインデックスをつける。
7.1~6を繰り返す。あとから分類が違うと思えば並べ替え、追加事項があればページを追加。

学習が進むにつれ、内容はより細分化するだろうが、分類がちゃんと出来れば、この先どんなにノートが太っても大丈夫。バインダーを分冊していけばよい。

今までは、学習したことがあまり身になっていないように思え、この先新しいことを学習してもまた忘れてしまうのではないか、という不安がありました。
でも、ノートの作り方を変えたことによって、ちゃんと身に着け、積み重ねていける自信が持てました。

こんな当たり前のことを、なぜ今まで出来なかったのか。。。
最近そう思うことが多いです。
でも、改善できてよかった。

今週の予定
明細書読み 5件
岡野化学復習 有機化学/主な化合物(アルコール、カルボン酸  等)、 主な官能基と結合のまとめ
自力翻訳 1/2件

再来週の予定
明細書読み 5件
岡野化学復習 有機化学/高分子、生体物質(炭水化物、脂質、アミノ酸 等)のまとめ
自力翻訳 1/2件(前の週の続き)

ABOUT ME
chamaedorea
2019年2月より、レバレッジ特許翻訳講座を受講中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です