学習記録

4/20(月)~4/26(日)化学復習、ひととおり完了!

学習時間
4/20(月)~4/26(日)
(月:8.5h、火:8.5h、水:8.5h、木:7h、金:9.5h、土:6h、日:7.5h)
1年と12週目(64週目):55.5h/累計:2,599.5h

内容
化学復習/有機化学
(糖類のつづき、タンパク質、核酸、合成樹脂、合成繊維、ゴム)
その他 資料整理、復習の補足など

学習進捗

化学復習8週目。
土曜日に「有機化学」復習が終わりました。
これで岡野の化学テキストはひと通り終えました。
もう少し整理しておきたい部分がいくつか残っているので、昨日からそれにとりかかっています。例えば、今まで読んだ明細書によく出てきた樹脂について、など、あと数項目あります。
きりの良いところで、今月いっぱいで化学復習集中モードを終わらせようと思います。

今後の進め方(ざっくりですが)

まず、専門分野の勉強をやり直す(今までの復習、整理、知識補充)
今までに、「化粧品・洗剤・接着剤」の3分野について勉強してきました。
ただし、勉強方法には下記の問題があったため、時間をかけた割に身についていません。

・化学の基礎ができていない状態で勉強していた。
・系統的にやらず、手当たり次第な感じで勉強していた。
・学習したことが整理されていない。
(やったはずだけど、どのノートに書いたのか探し出せない、とか。)

そこで、化学復習同様のやり方で、やり直します

<専門分野の学習手順>
まず1冊テキストを決め(購入してある書籍の中から)、今まで学習してきたことに補足を加えながら系統的にまとめるようにします。
このようにして基礎的なことを固めたうえで、応用的なことについては、実際の特許案件に取り組むときに勉強していこうと思います。

<今後トライアルまでの進め方>
①まず、化粧品分野の勉強やり直し。
②その上で、既に読んだ化粧品特許を読みなおしてみて、ちゃんと進歩してるか、今のやり方で良いか、足りない部分を探る。
③次に、既に訳した化粧品特許をやり直してみて、同上に、今のやり方で良いか検証。
④OKなら、自力翻訳をどんどん進める。分野も広げる。
(↑ここまで来れば、あとは量をこなすだけ、の状態)
また、ビデオセミナー視聴、英文の訳し方などなど、必要なことは、並行して進める
⑤他の分野も同様に進める。
⑥次はトライアルの準備。

トライアルまで、まだやるべきことが多いです。
この調子では夏になってしまいそうだけど、段階を踏んでやっていくしか無い。
焦らず、日々やるべきことをやらねば。

 

ABOUT ME
chamaedorea
2019年2月より、レバレッジ特許翻訳講座を受講中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です