学習記録

6/22(月)~6/28(日)計画たてなおし

学習時間
6/22(月)~6/28(日)
1年と21週目(73週目):47h/累計:2,848.5h

内容
・化粧品分野の文献読み(明細書、書籍)~キーワード、用例のピックアップ
・長期スケジュールのたてなおし(エクセルでガントチャート作成)

スカイプ相談をして頂きました

前回のスカイプ相談から、半年も間があいてしまいました。

3月に「スカイプ相談の時期だな」と思ったものの、いまは迷わず化学の復習だし、あまり勉強のステージが進んでないし、「次のステージに進んで、相談したいことが多くなってからにした方がいいかな」で先延ばし。
そうこうするうちに、学習計画も崩れてきて、「こういう計画です」ってのが自分の側に無いのに相談はできないな、でまた先延ばし。

やっとスケジュールを立て直し、更に、スケジュールは随時変わるという前提で、スケジュール管理スキームを構築。エクセルでガントチャートを作成。そのうえでスカイプ相談を申し込みました。
これらのことも、もっと早い段階でやっていれば、と反省ばかりですが、スケジュール管理はやりやすくなりました。

スカイプ相談ですが、やはり今回も得る所が大きかったです。もっと早く、予定通り3月に受けておけば良かった、とも思いました。
自分ではこのやり方で良い、と思っていても、6か月相談しないとやはり迷走気味になっていたようです。
前回半年前に相談した時も、そこで勉強の方向性は大きく変わり、その結果化学の復習はいま実を結び、「あのまま自己流で進んでなくてよかった」と思っています。
今回も、専門分野についてアドバイスを頂き、やはり方向性について考えが変わりました。
専門分野は市場をしっかり観察して選ぼうと思います。
そして今回は、そろそろ思い切ってトライアルを受けるように、と言って頂けて、改めて気合が入りました。

 

新規分野の勉強から翻訳まで

下記の手順で進める計画です。

各分野について、
①テキスト等で学習、ノートまとめ
②文献を大量に読み、キーワード・用例をピックアップ
③対訳収集
④自力翻訳

現在、まずは化粧品分野で実践してみてます。現在地は②です。
化粧品特許の明細書を読むスピードは、半年前に比べて数倍になり、理解度も深まりました。(以前が遅すぎたのですが)
時間をかけて化学の復習をし、化粧品分野についても勉強した結果が出た感があります。
これならば次の段階に進んでもOKと思い、今週は③④に進みます。

他の分野についても、同様に①~④の手順で進めようと思っています。

化粧品分野を選んだ理由は、「最初はとっつきやすいものにしよう」と思ったからです。
(化粧品関係の翻訳が簡単というわけでは無いと思いますが。)
講座で対訳シリーズもあったので、入り口として選びました。
試行錯誤しながら、分野の勉強から翻訳までのサイクルを1つやってみれば、2つ目の分野、3つ目の分野と経験するたびに自分のやり方が出来ていき、加速していくのではないかと思っています。

ただし、どの分野を選ぶかによって難易度や広がりは相当違うと思います。
習得が難しくても需要が多く、自分でも興味がある分野は何か??
次に攻める分野は、慎重に選びたいと思います。

 

 

ABOUT ME
chamaedorea
2019年2月より、レバレッジ特許翻訳講座を受講中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です