学習記録

10/19(月)~10/25(日)メールについて、CVについて

学習時間
10/19(月)~10/25(日)
1年と38週目(90週目):8h/累計:3,405.5h
  ※主にトライアル対策に時間を使ったため、勉強時間としては少なめ。

内容
・求人情報、市場ニーズの分析
・自己分析、勉強したことの棚卸し
・メールソフト切り替え
・メール作法について

メールの改善

トライアル対策の一環として、メールの見直しをしました。

まずは今更ですが、メールソフトをOutlookからBecky!に切り替えました。
設定で悩むところがあったり、スパムメール対策のプラグインも入れたりして、結局丸1日くらい費やしてしまいました。
今までにもパソコンを購入するたびにメールの設定は自分で行っていましたが、その都度プロバイダに問い合わせて乗り切ってきました。
そのため、メールのシステムを根本から理解していなかったので、これは仕事をしていくためにはまずいと思い、調べなおして「ITノート」にきっちりまとめました。

特にメールサーバーの仕組みについて。
ビデオセミナー『No.3668 スパム対策』でも紹介されていた下記のサイトは、とても分かりやすかったです。
https://www.kagoya.jp/howto/rentalserver/mailserver/

また、仕事で使うメールの内容についても、下記の書籍を1冊購入しました。

「仕事が速い人はどんなメールを書いているのか」平野知朗著 文響社

こちらの書籍は、「相手に読んでもらえるメール」を書くことにも重点が置かれているので、トライアル応募の際に取り入れてみようと思っています。
20数年も会社員をやってきたので、メールのやり取りくらい問題ないつもりで居ましたが、いま一度わが身を振り返ってみます。

 

CVについて

理屈を捏ねずにサクッとトライアルに応募してしまおう、と思うのですが、その前にやっぱりまだ納得のいくCVが書けていません。
今のCVではまた書類落ちするように思います。

納得のいくCVを書くには、市場のニーズ(相手のニーズ)を満たす内容を記載する必要があります。
そのためには求人情報の分析をし、今まで自分がやってきたことを棚卸してすり合わせを行い、最大限売りとなるようなCVを、しかるべき相手に送らねばならない。

本来、求人情報分析は、今後どういう方向で勉強するかを考えるためにするべきことなのだけれど、後ろ手に回ってしまったと感じています。

先日のビデオセミナー『No.3679 他人事 vs 自分事』でもアドバイス頂いた通りで、本当に「わかったと思っていてもできていない」です。
失敗してみて改めて、何度もビデオセミナーでも聞いていたことが、わかったつもりで結局他人事だった、だから自分も同じ失敗をしているのだ、と気づきます。
身に沁みました。

今週は、「今すぐ受けるトライアルのため」と、「今後勉強する分野を考えるため」と、この2点を分けて考えつつ、求人情報の分析をします。
10月中に3件は応募します。

 

ABOUT ME
chamaedorea
2019年2月より、レバレッジ特許翻訳講座を受講中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です