学習記録

5/11~5/15 Trados基本操作の習得

Trados基本操作の習得のため、SDLがYouTubeにあげている「Trados日本語Webセミナー」を視聴しました。
(日本語Webセミナー:SDL Trados Studio Basic 1~6)

内容は、Tradosの概要・基本操作や設定方法・翻訳メモリや用語集の作成方法等で、Tradosを全く触ったことのない人でもわかる内容になっています。また、翻訳者向け・翻訳を依頼する側の人向けの両方に対応した内容でした。
ボリュームは、30分~一時間半くらいが計6本で、ノートをとりながら視聴し、丸2日(18時間)位かかりました。
セミナーではTrados2017が使用されていますが、私がインストールした2019でも操作はほぼ同じで、全く問題ありませんでした。

私は当初、Tradosには分かりやすいマニュアルが無い、と思い込んでいたため、先に他を色々探すことに時間を費やしてしまったのですが、まずはこのセミナーで十分なように思います。
SDLでは英語の解説動画も出していますが、Tradosの画面も日本語ですし、、やはり日本のほうが断然分かりやすいです。

PC画面の左側半分にTradosを起動し、右半分でビデオを視聴し、一緒に操作しながらノートをとりました。動画もダウンロードしたので、先に進んでわからなくなったらまた参照しようと思います。
学習の段階としては、まだTradosを使う所に至っていませんが、一つ問題が解決したかな、という気分です。(もっと苦労すると思っていたので)

 

後回しになっていた、日本語特許明細も読み始めています。

 

学習内容
・Trados日本語Webセミナー「SDL Trados Studio Basic1~6視聴
・ビデオ「P&G特許」(2)の途中から(12)まで。
(日本語の特許明細書を解説付きで読むため。まだ対訳はとらない。)
・特許明細書1件(上記P&Gと内容の似ている、資生堂の特許)途中まで。
・今後の勉強の進め方について、参考となるビデオを計10本視聴

学習時間
5/11(土): 1h
5/12(日):10h
5/13(月):11.5h
5/14(火): 6.5h
5/15(水):11h
(累計591.5h+40h=631.5h)

ABOUT ME
chamaedorea
2019年2月より、レバレッジ特許翻訳講座を受講中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です