学習記録

5/21~5/25 化粧品分野の勉強

この5日間は主に化粧品について勉強しました。
「P&G」特許のビデオをきっかけに、化粧品分野からはじめ、洗剤やその他少しづつ色々な特許を読んで行きつつ、得意分野を決めようと思います。

特許明細を読み始めたばかりでわからない事が多いですが、下記のように進めています。

・わからない言葉をチェックしておいてあとで調べる。(ただし、キーワードは先に調べる)まず、全体を読む事に集中する。
数件読んでみると、わからない言葉の中に、繰り返し出てくる言葉も多くありました。

・化粧品に関して勉強する
基本的な事やよく使われる成分などを調べたく、図書館の研究書庫で「化粧品事典」(貸出不可)を見てみました。
目次を見て、原料は4種類(基剤・薬剤・品質保持原料・感応特徴付与)に分類されることを知りました。多少表現は違いますが、この4分類に分かれるというのは他を調べても共通していました。最低限の知識が無いと、調べ物もしずらかったが、これでネット検索もしやすくなりました。
「化粧品事典」にある化粧品用語は、「日本化粧品技術社会」HPでも、全く同じではないですが検索できます。
「nite」(独立行政法人製品評価技術基盤機構)という所のサイトで、「身の回りの製品に含まれる化学物質シリーズ」のPDFがダウンロードでき、こちらも参考になりました。「化粧品」「家庭用洗剤」「家庭用接着剤」などありますので、こちらも読もうと思います。

 

学習内容
・日本語明細書:2件(花王とコーセーの化粧品関係)
・特許明細の構成についてまとめる
・化粧品について勉強
・学習計画、やるべき事の整理

学習時間
5/21(火):10h
5/22(水): 7h
5/23(木):10h
5/24(金): 1h
5/25(土): 0h
(累計671.5+28h=699.5h)

ABOUT ME
chamaedorea
2019年2月より、レバレッジ特許翻訳講座を受講中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です