学習記録

8/6~8/9 眼の診断:異常なし。そのほか、不調の原因かもしれないこと。

眼のこと

昨日眼科を受診してみましたが、特に異常なしでした。
左目に違和感があったのですが、むしろ視力は左の方がよくて喜んでいたら、医師いわく「その分近くは見えづらくなってますよ」。。。

目まいのような症状は、下記によるものなので心配ない、とのこと。
・左右の見え方の違い
・ピント調節機能が落ち、近くを見るのに無理をした
・疲れ目

疲れ目用の目薬を処方され、体調が回復すれば治るはずなので様子をみましょう、とのこと。
眼自体に異常がなくてまずは良かった、と思います。

 

睡眠導入剤のこと

7月はじめに肩と腕をいためる数日前のことですが、なかなか眠れなくて睡眠導入剤を服用しはじめ、3週間くらいのんでいました。

夜よく眠れず、その結果日中は頭が働かず、いつも時差ボケしているような感覚で、昼寝もできなくなっていました。

今思えば、運動もせずに夜もパソコンに向かい、少しのことでバランスを崩しやすくなっていたのかもしれません。
薬が本当に必要な方もいらっしゃると思いますが、私の場合は安易だったと思います。

一回薬で夜ぐっすり眠れれば調子が戻るのでは、と思い、超短時間型として一般的に用いられている「非ベンゾ系」の薬を飲みましたが、眠るまでに1~3時間位かかり、一晩で2種類飲むこともありました。(通常はもっと少ない量で、もっと早く効くらしいです。)我慢して飲まないと夜が明けても眠れませんでした。
結果的に、「非ベンゾ系」2種類、「ベンゾ系」1種類を、順に病院で処方してもらったのですがやはり眠れるまでに時間がかかり、最後は追加で飲むようにと精神安定剤も処方されました。

この間、今までにない体調不良がありました。
普段であれば、眠れなくても読書でもしていればいいだけで、それで次の日も平気でした。
ですが、薬を飲んでいた期間は、徹夜明けのように頭が疲れた状態で読書するどころではない(でも眠れない)。また、数時間眠れても日中異常な眠気がある(でも眠れない)。
その他、食欲不振、元気が出ない、眼もおかしい、肩腕も痛いままで、どれか一つでも治らないかなぁ。。という感じ。

最後に精神安定剤を処方された日、言われるがまま飲む前に、自分で調べてみよう、と思いましたが、この頃にはけっこう切羽詰まった気持ちでした。
とにかく眠れさえすれば、と思って薬に頼ったのに眠れず、違う薬を処方されて今度こそ眠れると思ってもやはり効かず、精神安定剤をのんでも私は効かないだろうな、と思いました。
それが7/26のブログ「今日も健康ネタ」を書いた時点です。
「処方された薬をやめた」というのは、肩と腕の痛み止め+湿布+睡眠導入剤+精神安定剤のことです。
その時点では、パソコン作業や読書は体調的にきつかったのですが、なんとかしなくては!と、睡眠・腕肩・眼などについて調べました。
眼の不調についても不安で、睡眠導入剤が原因となりうると書いた本がいくつかあり、そうしたこともあって、薬を全部やめてみよう、と決心しました。

ただ、眼と睡眠導入剤の関係については諸説あり、何年も飲み続けるとそんな可能性もある、という説があるのですが、私のように数週間のんだくらいではふつう影響は無いようです。

<睡眠導入剤をやめた結果>
その日の夜
・一晩のうちに何回も夢をみる。(←つまり眠れている。ただしREM睡眠という、浅い方の眠りですね)ネガティブな夢や、やたらリアルな夢が多かったです。
・夜中エアコンでいくら部屋を冷やしても暑い(←これは単なる更年期症状?わかりません)
翌日の日中
やたら誰かと話したくなる。図書館で、知りたくもないのに「お盆は休みですか?」とスタッフに話しかけてみたり。(←いつもはこんなことしません)
その後
枕を新しくし、寝室を片付ける。
散歩できるくらいに腕肩が治ったので、日中はなるべく1時間位歩く。
数日でだんだん眠れる時間が増え、1週間くらいで普通に眠れるように。
薬をやめた翌朝から、睡眠時間が少なくとも日中の強烈な眠気がなくなり、徹夜明けのような妙に頭が冴えた感覚もなくなった。

私はこのような経緯をたどりましたが、決して睡眠導入剤を否定するつもりはありません。体調・体質・飲み合わせもあると思いますし、すべてが薬に起因するものかどうかも分かりません。
また、私は自己判断で薬を辞め、良い結果となりましたが、勝手にやめるのは本来危険なことなので、皆様どうぞお気をつけください。

その他の自業自得なこと

7月の半ば、腕と肩も痛く、眠れず、体調が最悪なときにサーフィンをしてしまいました。
<理由>
・すでにスクールを予約していて、直前のキャンセルは申し訳ない。当日までに治るかもしれない。
・ずっと楽しみにしていた。
・夫には日ごろから負担をかけている。(私が実家に親の面倒をみに帰ることが多いので)。共に楽しむ、旅行の約束だけは守りたい。
<結果>
・海から上がってから数時間、動悸がおさまらず。
・近くの文字(今まで読めていたはずのもの)が読めなかった。このときから眼の不調に気づく。少し耳鳴りもあった。船や波に酔いやすいほうだし、三半規管がやられたか?
・腕と肩は、痛いまま。さんざん遊んだくせに痛いとは言えなくなる。。

今日時点の調子

このような長めの文章を書いても平気になりました。
眼も少し良くなりました。体調とともに治る気がしますが、注意して様子をみてみます。

学習時間
8/6(火)~8/9(金): 0h
(累計1,020h)

ABOUT ME
chamaedorea
2019年2月より、レバレッジ特許翻訳講座を受講中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です